家計簿をつけると無理せず節約が続けられる理由と4つのコツ 年収500万円家族が1年で150万円貯めるブログ

家計簿をつけると無理せず節約が続けられる理由と4つのコツ

家計簿

体重計に毎日のると体重が減るというのが科学的に証明されたのは知っていますか?

体重計に乗ると運動になるからかな?と思った人、もちろん違いますよ(笑)

理由はダイエットの意識が高まるからです。

それって家計簿にも言えることなのです。

プロローグ

 

アヤカ
アヤカ

家計簿をつけると何で節約に繋がるんだろう?

なんとなくは分かるんだけど、しっかり分からなくて。

ユウタ
ユウタ

それは色々あると思うよ。

例えば使っていないサービスに毎月お金を払っていたことに気付いたり。

アヤカ
アヤカ

なるほどね。

無駄な出費が見えるようになるんだね。

ユウタ
ユウタ

メリットはそれだけじゃないんだ。

いまから家計簿が節約に繋がる大きな理由を3つ説明するね。

 

この記事で分かることはこんなことです。

・家計簿をつけると節約できる理由は3つあります
 ①不要な支出が見つかる ②使い過ぎの項目が分かる ③意識が高まる

・実際に節約に繋がった事例で説明します

・節約を続けられる4つのコツを説明します

・家計簿を続けるコツを説明します

著者について

  • 40歳で専業主婦の妻と2人の子供を養いながら、資産4千万円達成
  • エクセル家計簿を作って4年間無理なく継続中
  • 家計簿を使った節約で月27万円の生活費を1年以上継続中
著者うなぎのプロフィール
  • 節約と投資と副業が趣味の40代サラリーマン
  • 仕事は原価計算などお金に関する仕事一筋
  • 趣味が興じて簿記2級を独学で取得
  • 4人家族で生活費は月27万円。資産は4千万
  • 35歳でうつ病を経験し、会社に依存しない生き方に挑戦中

 

家計簿をつけると無理せず節約が続けられる理由と3つのコツ

家計簿をつけると無理せずに節約ができる3つの理由

①不要な支出が見つかる

家計簿をつけるとすべての支出がはっきりします。

もう使っていないアプリ、カードが自動でが引き落とされていてビックリすることも。

②使い過ぎの項目が分かる

ネットで調べると簡単に家計費の項目ごとの平均値が分かります。

自分の家計簿と見比べると明らかに高い項目が見つかります。

例えば「食費」が高い場合、実は世間と比べて外食が多いなんてことが分かります。

家計簿をつけないと、意外と分からないものです。

③節約の意識が高まる

家計簿をつけて節約の意識が高まる理由は下記の通りです。

  • 節約の効果がはっきり確認できるからモチベーションがあがるkら
  • 使い過ぎた時に危機感が産まれるから
  • 節約の目標ができるから
  • 定期的に家計を振り返るから

それでは次の章で具体的な説明をしていきます。

家計簿をつけて無理なく節約した我が家の例

我が家では2017年の途中から家計簿をつけ始めました。

家計簿をつけ始めて分かったのはこんなことです。

・不要な会員費を払っていた(JR系カード、クレジットカード、音楽・動画サービス)

・食費と通信費が平均より高かった

  • 家計を見直した結果、2018年から2019年で月6万8千円の節約を達成しました
  • 節約の意識が高まったため、2020年には11万7千円の節約を達成しました

グラフにすると下記の通りです。

これだけ家計を減らしたのに、生活の満足度が下がりませんでした。

むしろ節約してみて浪費はストレス解消に繋がるわけではないと気づきました。

 

我が家ではこのように家計簿をつけて節約が達成できました。

今度は上手くいかないケースとその対策を説明します。

 

節約を無理なく続けられる3つのコツ

家計簿をつけていても節約ができないのはなぜでしょうか。

それは我慢する節約を続けてしまって、ストレスが溜まることが原因ではないでしょうか。

次の章で節約のストレス対策を説明します。

 

1.節約は自由への道

私が持つ節約へのイメージは「節約=自由」です。

金銭的な自由とはどのようなことでしょうか?

 

一般的なイメージ
 ・節約=不自由
  理由:自由とは好きにお金を使えることだから
私のイメージ
 ・節約=自由
  理由:自由とは生活スタイルを選べる事だから

 

なぜこのようなギャップが産まれるのでしょうか?

理由は節約の仕方が違うからです。

 

節約=不自由という節約方法は変動費を削る節約です。

変動費を節約する方法だと、自分が自由に使えるお金が減るので不自由を感じてしまいます。

それに対して節約=自由という節約方法では固定費を削ります

固定費は一度削減できれば、翌月以降は何をしなくても効果が続きます。

それによって自由に使えるお金が増えるのです。

 

固定費:家賃、光熱費、通信費のように生活するうえで必要不可欠な出費
変動費:娯楽費、外食費のように毎月の出費が定まらないもの

ユウタ
ユウタ

例えば電気代のプランを月500円下げれば、40年で24万円にもなるよ。

最初の手続きも面倒じゃなくならない?

 

2.100点を目指さない

固定費を削減するといっても、100点を目指すと苦しくなります

テレビを見終わったらいちいちコンセントを抜いたり、スマホの高速通信分が使い終わって遅いネット回線でイライラします。

 

なのでストレスを溜めない節約では80点を目指せばいいと考えています。

80点は最初に少し手間をかけて、大きな節約効果があるものだけでも到達可能です。

そうすればストレスは最小限に抑えて、節約が苦になりません。

 

3.好きなことにはお金を使う

節約を続けるためには、好きなことまでお金を節約しないことが大事です。

もちろん適切な範囲でにはなりますが。

例えば旅行が生きがいで、仕事のストレスを旅行で発散していた人が、節約のために旅行をやめるのはお勧めしません。

返ってストレスが溜まって余計な買い物をしたり、衝動的な出費をしてしまうからです。

アヤカ
アヤカ

節約してても友達とランチに行ったり、家族旅行に出かけてもいいのね。

それならストレスなく続けられるわ。

ユウタ
ユウタ

娯楽や小遣いや外食費など、一見無駄だと思うけど、本当に好きなことは我慢すると逆効果だよ。

もちろん必要以上に使っている場合は適正に戻す必要があるけどね。

4.お金を使わないストレス解消方法を身につける

ストレスが溜まるとお金を使って解決したくなるので節約が続きません。

例えば節約疲れのときに買い物に行くと、つい余計なものを買ったりしませんか?

そのときはストレス解消しても、お金を使った罪悪感で余計にストレスになります。

ストレス解消にお勧めな方法は緑の中の散歩です。

散歩のストレス解消効果と、緑が与えるリフレッシュ効果はいずれも高いことが科学的に証明されています。

良くストレス解消で使われる言葉「飲む・食う・打つ」は、実はストレス解消効果が少ないことも分かっています。

散歩ならお金を一切使わなくてもできて、好きな場所で、隙間時間で簡単にできます。

最後に

今回の記事のまとめをします。

家計簿をつけるとなぜ節約できるか?3つの理由は以下の通りです。
①不要な支出が見つかる
②使い過ぎの項目が分かる
③節約のモチベーションが保てる

節約を続けられる3つのコツ
①節約は自由への道
②100点を目指さない
③好きなことにはお金を使う
(補足)家計簿は簡単シンプルにして挫折させない

資産形成は一朝一夕に成し遂げられるものではないので、無理せず楽しく節約を続ける必要があります。

家計簿をつけて節約の効果が目に見えると、きっと自然と毎月成果を確認したくなりますよ。

そして何年もつけていると去年より成長した自分を確認できます。

是非豊かで自由な未来のために家計簿に取り組んでみませんか?

もし興味が出たのであれば、こちらの記事を読んでみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

※関連記事です

←この記事がお役に立ちましたらクリックしていただけると励みになります
人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ←この記事がお役に立ちましたらクリックしていただけると励みになります
にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました