NHK契約しないとどうなる?未払者は受信料割増金を取られるように 年収500万円家族が1年で150万円貯めるブログ

NHK契約しないとどうなる?未払者は受信料割増金を取られるように

NHK受信料

「NHK受信料って払う必要あるの?ネットで義務じゃないって書いてあったけど。」

「NHKは見てないから払わなくてもいいじゃん。」

色々な意見があると思いますが、結論を言うとテレビを持っているのに受信料を払わないのは危険です。

最高裁で義務を認める判決がでたことや、割増金が導入されて昔の未払い金は金額が増える可能性が高いからです。

この記事ではNHK受信契約の法改正について解説して、どうしたら合法的に解決できるのか紹介します。

「NHK受信料は義務じゃない」という意見もありますが、危険な橋を渡るのはやめたほうがいいです。

プロローグ 

アヤカ
アヤカ

最近テレビってつまんなくなったよね。

子供の時のほうがずっと面白かった気がする。

ユウタ
ユウタ

今はコンプライアンスが厳しいからね。

昔みたいな無茶苦茶だけど、面白い番組は無くなったね。

アヤカ
アヤカ

見てないのに受信料はかかるからもったいないよね。

でも未払いだと割増金取られるようになるんだって?

ユウタ
ユウタ

ああ、今もめてるやつね。

未払いの人は怖いだろうね。

この記事の内容を読むとこんなことが分かります。

  • 放送法の改正で未払い者に割増金が加算されるようになります
  • 受信料を払わないとどんなリスクがあるか解説します
  • それでもNHK受信料を節約したい人に、合法的な解決方法を紹介します

著者について

  • 21年4月にテレビを処分してNHK受信料を解約しました
  • 節約が趣味で日々節約ネタを探している節約研究家です
  • 節約・副業・投資が趣味で、40歳で資産が4千万円をオーバーしました

・この記事を書いている私のプロフィールはこちらです。

著者うなぎのプロフィール
  • 節約と投資と副業が趣味の40代サラリーマン
  • 仕事は原価計算などお金に関する仕事一筋
  • 趣味が興じて簿記2級を独学で取得
  • 4人家族で生活費は月27万円。資産は4千万
  • 35歳でうつ病を経験し、会社に依存しない生き方に挑戦中

NHK契約しないとどうなる?法改正で受信料の割増金導入の影響は?

茶色の木製テーブルに黒いリモコン

現在話題になっている放送法改定とはどのようなものか、詳しく解説していきます。

NHK受信契約が法改正される

2022年2月4日に放送法改正案の閣議決定が行われ、国会審議に進むことが決まりました

もともとは2021年に審議される予定だったのですが、民放のトラブルで審議が延期されていました。

背景には受信契約を結んでいない約2割の家庭の存在があります。

(出展:産経新聞

今回の改定は、NHK受信料を払っている人の不公平感を解消することが狙いとされています。

NHK契約逃れに割増金が導入される

法改正の大きなポイントは、受信料未払い者に割増金が発生することです。

それにより受信契約率を上げて、不公平感を無くそうという考えです。

割増金が適応されるケース

  • 不正な手段により受信料の支払いを免れた場合
  • 本来NHK受信契約が必要にもかかわらず申し込みをしなかった場合

割増金がどの程度加算されるかは未定で、割増金を受信料値下げの原資に充てるとしています。

国営放送なのだから国民全員で負担しようという考えは分からなくはないのですが、まったくNHKを見ていない人からは批判が上がっています。

NHK受信契約が法改正に抗議や批判

SNSで今回の法改正を検索すると、肯定的な意見の人は見かけられませんでした。

多くの人が割増金についてネガティブな意見を持っていました。

やっていることが無茶苦茶

もうテレビは捨てる

割増金を作るより、質の良い番組を作るべき

 



NHK受信契約はしないといけないのか

握手をするの無料写真

そもそも放送法はどうなっているのでしょうか?

裁判で争われるように解釈が分かれていて、ネットでも違う意見がみられます。

放送法による規定は

NHK受信契約については『放送法』で規定をされています。

放送法では以下のように明記されています。

「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」(64条1項本文)

ここでは「テレビを持っている人はNHKと契約しなければいけない」と書いてあります。

ですが何も罰則が無いので、「契約しなくてもいいか」という考えの人が現れてきます。

最近ではコロナ禍で徴収人も現れなくなって、一安心しているかもしれません。

最高裁判決は「契約しないとダメ」

しかし過去にNHK受信契約について争われたケースでは、未契約者に対して受信料の支払いを命じる判決が出ています。

しかも支払い期間は、テレビを設置したときから遡って請求できると判決を下しています。

また未払い期間がいかに長くても時効が適応されないとしています。

つまり大学を出て就職してからずっと払っていないと、一度に大金を請求されてしまいます。

受信料を支払わないとどうなる

テレビを持っているのにNHK受信料を払わないでいると、かなり危険な橋を渡っているといえます。

そして法改正で割増金が適応されるとさらに危険です。

もし未払い期間に対して利息が適応されると、何年も昔の未払金がすごい金額に増えるかもしれません

いきなり数十万円という請求を受ける可能性があります。



マクロミルに登録する

NHK契約しないで合法的に受信料を払わない方法

正義感の無料写真

NHK受信契約を合法的に解約するには、テレビなど受信設備を持たない以外ありません

「受信料払うのがどうしても嫌だ」という人は、次の方法をおすすめします。

NHK受信契約の解約方法

最後にNHK受信契約を合法的に解除する手順をご紹介します。

NHK受信契約を解約する方法

  1. テレビを処分する

    テレビやテレビが見れるカーナビや携帯などを処分します
    販売店で証明書をもらうか、フリマで売却した画面を用意します

  2. NHKふれあいセンターに電話します

    ナビダイヤル:0570-077-077に電話を掛けます
    テレビを処分して今後買う予定がないことをはっきり伝えます

  3. 解約届を返送する

    2週間ほどで解約届が届くので、必要事項を書いて返送します
    記入内容は「氏名」「住所」「お客様番号」「解約理由」「署名・印鑑」です

詳しくはこちらの記事で画像付きで解説しています。

動画サービスはチューナーレステレビで見る

テレビを処分してもYoutubeやアマゾンプライムなど、動画サービスを見る方法はあります。

パソコンやスマホでもよいのですが、やはり大画面で見たい人にはチューナーレスのAndoroidTVがおすすめです。

まだ種類は少ないですが、低価格で使いやすいモデルがでています。

1つ目に紹介するのは、昨年12月にドン・キホーテで発売したオリジナルブランド商品です。

「情熱価格」の新商品として、全国のドン・キホーテ系列の店頭で販売しています。

ドン・キホーテよりも画質の良いモデルだと、4K対応のチューナーレステレビが2022年5月に発売されます。

STAYER

画質がきれいで大画面のモデルが出てきたので、動画サービスで迫力ある映画などが満喫できます。

地上波は必要ないという人なら、存分に楽しめると思います。



セール情報

最後に

最後にこの記事をまとめます。

  • 放送法が改正が審議されて、未払い者は割増金を取られる可能性があります
  • NHK受信契約は最高裁で過去に遡って請求される危険があります
  • 急に数十万円の請求が来る可能性があります
  • NHKを合法的に解約するにはテレビを処分するしかありません

私は2021年にテレビを処分してNHK受信契約を解約しました。

もともと地上波をほとんど見ていなかったので、後悔することはなかったです。

「そこまでしなくてもいいよ」と言われたりしますが、節約は小さなことの積み重ねが大切だと思います。

不必要なものにお金を払わない習慣を身に着けると、どんどん貯蓄できる家計に変わっていきます

お金の不安を抱えている人は、ぜひ一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

さらに詳しい節約に関する知見をこちらの記事でまとめています。

このブログでは節約・副業・投資に関する資産形成に役立つ情報を紹介しています。

一人でも多くの読者の方が、今日から豊かな人生設計を始めるきっかけになればと思っています。

良かったら気になる記事があれば、こちらから是非お読みください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

※関連記事です

←この記事がお役に立ちましたらクリックしていただけると励みになります
人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ←この記事がお役に立ちましたらクリックしていただけると励みになります
にほんブログ村



junijuni(ジュニジュニ)


コメント

タイトルとURLをコピーしました