メルカリ株価は上昇を予想。初の黒字化や今後の事業展開が期待できる 年収500万円家族が1年で150万円貯めるブログ

メルカリ株価は上昇を予想。初の黒字化や今後の事業展開が期待できる

個別株

8月12日にメルカリが21年度の決算報告会を行いました。

もし投資していたなら、増収増益後の決算発表の直後に株価が急落して何で?とか思いませんでしたか?

短期的な値動きも気になりますが、決算で分かったメルカリの事業方針や将来性から投資を検討してはどうでしょうか?

プロローグ 

ユウタ
ユウタ

4月に購入したメルカリの株価が上がってたよ。

コロナ禍で色々な企業が苦しんでるけど、メルカリには追い風だったんだね。

アヤカ
アヤカ

そうなんだ。

みんな外で買い物しなくなったもんね。

給料も増えなかったら、中古品で安く済ませたりするのかな。

ユウタ
ユウタ

メルカリで売る人が増えると、メルペイで支払う人も増えるから一石二鳥だよね。

まだまだ成長していきそうだな。

この記事の内容を読むとこんなことが分かります。

  • メルカリの最新決算の内容を説明します
  • メルカリの株価の現状について解説します
  • メルカリの事業内容、事業方針を決算報告書やニュースから解説します

著者について

  • 2021/4からメルカリ株に投資をしています
  • 節約、副業で貯めた資金をコツコツ投資、40歳で資産は4000万円オーバーしました
  • メルカリやラクマ、ペイペイフリマのヘビーユーザーで常に数十点を出品しています

・この記事を書いている私のプロフィールはこちらです。

著者うなぎのプロフィール
  • 節約と投資と副業が趣味の40代サラリーマン
  • 仕事は原価計算などお金に関する仕事一筋
  • 趣味が興じて簿記2級を独学で取得
  • 4人家族で生活費は月27万円。資産は4千万
  • 35歳でうつ病を経験し、会社に依存しない生き方に挑戦中



メルカリ株価は上昇を予想。初の黒字化や今後の事業展開に期待

(出展:メルカリ決算説明会資料)

メルカリの株価の現状

メルカリの現在(’21/10)の株価チャートです。

直近3か月は5000円~6500円の間で上下しています。

決算発表を行った8月12日から材料出尽くし感で急落しましたが、10月には高値を更新しています。

メルカリ株価の基本情報

こちらは株価に対する各指標です。

  • PER:企業の利益に対する株価の割合。低いほど割安。日経平均企業の平均は約13倍
  • PBR:企業の財産に対する株価の割合。低いほど割安。日経平均企業の平均は約1.2倍
  • ROA、ROE:経営の効率性の指標。高いほど効率的。

PERやPBRを見ると、現在の株価は一般的な水準と比べると、割高な株価といえます。

メルカリ株価の最新決算

8/12に発表された最新の決算報告書の内容です。

(出展:メルカリ決算説明会資料)

2019年からの売り上げと営業損益の変化を次に示します。

2020年からの比較で、売上は約40%の成長、営業利益は193億円の赤字から51億円の黒字に転換しました。

メルカリ株価の業績予想

通常年度末の決算報告書では、次年度の業績予想が発表されます。

しかし今回の決算報告書の資料では、下記のような文章が載せられていました。

次期の連結業績予想につきましては、合理的な業績予想の算定が困難であるため記載しておりません。

今後の業績予想ははっきりしませんが、決算報告資料や最新ニュースなどで今後の業績を予想していきます。 



あなたの趣味や生活に役立つ情報も【スマートニュース】

メルカリ株価を予想する。今後の事業性など最新情報

黒字化を達成した稼ぐ力の成長

メルカリは2018年に上場して以降、事業への集中的な投資が増加して赤字が拡大していました。

今回の決算で初の黒字化が達成できた理由には、以下のような説明があります。

  • コロナ禍の巣ごもり需要でメルカリの普及が一気に進んだ
  • マーケティングや新規人材採用を重点的に行った
  • データ基盤の整理
  • 外国籍社員の増加によるグローバル体制の強化

いずれも一過性の要因では無く、今後の収益の基盤と考えられます。

企業体質の強化が今後、メルカリの各事業の成長にプラスに働いていくと思われます。

メルカリの事業内容

それではメルカリが扱う事業内容を説明します。

大きく6つの事業があります。

(出展:メルカリ決算説明会資料)
  • メルカリJP:日本国内のメルカリ事業
  • メルカリUS:アメリカのメルカリ事業
  • メルペイ:電子決済『メルペイ』事業
  • ソウゾウ:メルカリ子会社で新規事業開拓を担当。メリカリショップなど
  • メルコイン:暗号資産サービス事業
  • 鹿島アントラーズ:フットボール事業

それぞれの事業の今後の成長性を検討します。

メルカリショップの今後を予想する

メルカリショップは従来の個人間売買と違って、事業者が参入しやすい環境が整っています。

特に中小のメルペイ加盟店が、コロナ禍で直接店舗への来客が減る中で、オンラインで出店しやすい環境を考えています。

事業者が参入することでよりバラエティーに富んだ品ぞろえが進んで、結果的にユーザーの満足度が高まると考えられます。

国内メルカリ事業の現状と今後の予想

ユーザーはもうすぐ2000万人に達しているが、潜在的な顧客は倍近いとメルカリは考えています。

現に楽天やヤフー、LINEのユーザーは数千万台でも後半のユーザー数がいるからです。

更なる普及のために、メルカリでは今後の取り組みを進める予定です。

  • メルカリ教室 :フリマの使い方を学ぶサービス
  • メルカリポスト:無人投函ボックス
  • メルカリステーション:教室とポストを兼ね備えた店舗

中高年や高齢者層にもメルカリを親しんでもらって、ユーザーを獲得できるのではないでしょうか。

メルペイ事業の今後の予想

メルペイはNTTドコモと提携して、加盟店開拓を進めていて当初予定を上回る店舗数を確保できた。

国内の電子決済市場の急成長で、投資は短期間で必要だったが、現在何兆円とある現金決済が電子決済に移っていけば大きな成果が見込めます。

ただしコロナ禍で加盟店開拓のスピードは落ちていて、そのため今後は暗号資産といった資産運用にも展開を進めていきます。

 

暗号資産への投資

メルカリの売り上げ金などを暗号資産で受け取り、その暗号資産で資産運用するサービスです。

メルペイとも連携をさせて、ユーザーの金融資産をメルカリが一括で管理することで、ユーザーにとって管理の煩わしさを減らすメリットがあります。

さらに今後メルカリがデジタルコンテンツやサービスなど、無形商品の取り扱いを増やすためにも必要な技術になります。

メルカリ事業でアメリカの次に進出する地域は

現時点では決まっていません。

欧州はアメリカのオークションサイト「イーベイ」が進出済みの他、フリマアプリでは「ヴィンテット」や、「エッツィー」が展開しています。

一方、東南アジアのような新興国ではまだ市場が未開拓になっています。

メルカリでは自前で参入するよりも、出資や子会社化で現地の会社と協業を模索しながら検討しています。



全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

メルカリの株価は今後の成長に期待して長期投資を

今後の年間の予想利回り

メルカリの各事業は、今後も成長の余地が多く、投資期間が必要な事業が多くあることが分かります。

一方で本業のメルカリ事業は、すでに黒字化を達成していて、まだまだ成長のスピードが衰えていません。

もし今後もメルカリの売り上げが2桁で伸び続けた場合には、7年後に売上高は約4倍に達します。

利益率が約4割とすると、営業益は約1600億円です。

PER20倍で取引された場合の株価で計算をすると、7年間の年利回りは約15%となります

長期投資に向いている

メルカリの株価は現在、5000円~6000円の間のボックス相場になっています。

おそらく現在の株価がPER25倍で割高水準にあることや、コロナ禍で社会情勢に不安があるためです。

ですが、ここまででお伝えしたように今後の事業成長が見込めるため、短期的な利益ばかりに着目する必要はありません。



 

最後に

最後にこの記事をまとめます。

  • メルカリは最新決算で上場後初の黒字化を達成しました
  • 株価は現状割高ですが、成長が期待できる事業を扱っています
    国内メルカリ事業:2000万人間近も、まだまだ伸びしろがのこっている
    アメリカメルカリ:コロナ禍で急成長していて、市場規模的に今後に期待
    メルカリショップ:メルカリに事業者が参入可能となり、品ぞろえの充実が進む
    メルペイ事業  :国内電子決算市場が急成長している
    メルコイン事業 :メルカリ・メルペイで資産運用できるように
  • 今後も2桁成長が続けば、年間利回りは15%も可能。長期投資で考えたい

 

私は2021/4にメルカリ株に投資を開始しました。

普段からメルカリのヘビーユーザーだったことから、今後の将来性に着目したのがきっかけでした。

事業内容や将来性を調査していくうちに興味を持ち、普段のインデックス投資スタイルから資金の一部を移して、メルカリ株を購入しました。

投資では市況環境や社会情勢など、株価を決める要因は様々あります。

ですが目先の株価の上下に左右されずに、長期的な視野でこの企業が将来社会から必要とされるようになるか、判断するのが良いと思います。

 

このブログでは節約・副業・投資に関する資産形成に役立つ情報を紹介しています。

一人でも多くの読者の方が、今日から豊かな人生設計を始めるきっかけになればと思っています。

良かったら気になる記事があれば、こちらから是非お読みください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

※関連記事です

←この記事がお役に立ちましたらクリックしていただけると励みになります
人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ←この記事がお役に立ちましたらクリックしていただけると励みになります
にほんブログ村


【レイコップ】安心の2年保障は公式ストアだけ!


コメント

タイトルとURLをコピーしました