40代サラリーマンの年収の実態。勝ち組と負け組の差をブログで解説 年収500万円家族が1年で150万円貯めるブログ

40代サラリーマンの年収の実態。勝ち組と負け組の差をブログで解説

未分類

40代は会社の中の中心的な存在で、働き盛りという印象があると思います。

20代、30代と働いてきていて高いスキルや、成果を出してきた社員は管理職として出世したり、一方でなかなか成果を出せていない社員は昇級できていなかったりします。

そんな会社生活の分かれ目ともいえる40代サラリーマンの勝ち組、負け組の分岐点は年収はいくらでしょうか?

 

この記事の内容を読むとこんなことが分かります。

  • 40代サラリーマンの平均年収や年収事情を解説します
  • 40代サラリーマンが年収を増やす方法について説明します

著者について

  • もうすぐ勤続20年の40代サラリーマンです
  • 給与所得の他に、副業・投資収入を毎月で資産形成、40歳で資産4千万円オーバーしました

・この記事を書いている私のプロフィールはこちらです。

著者うなぎのプロフィール
  • 節約と投資と副業が趣味の40代サラリーマン
  • 仕事は原価計算などお金に関する仕事一筋
  • 趣味が興じて簿記2級を独学で取得
  • 4人家族で生活費は月27万円。資産は4千万
  • 35歳でうつ病を経験し、会社に依存しない生き方に挑戦中



40代サラリーマンの年収。勝ち組と負け組の差をブログで解説

40代サラリーマンの年収事情

40代にもなると、同じ社内でも出世で年収の差が大きくなってきます。

さらには業種によっての年収の違いがはっきりしてきたりして、勝ち組負け組が明らかになります。

その境目は年収とはいくらでしょうか?

 

40代サラリーマンの平均年収

こちらが40代サラリーマンの平均年収の表です。

(出展:転職Hacks)

男女合わせた平均値は40代前半で476万円、40代後半で499万円となっています。

年収500万円が一つの目安といえそうです。

 

年収500万円を超える割合は

こちらに40代サラリーマンの年収分布を示します。

年収500万円をこえる割合は約45%です。

この分布をみると300万円から400万円の間が最も多くのサラリーマンが属しているので、稼いでいる人といない人の格差が大きいことが分かります。

 

年収500万を超えると勝ち組?

そうなると年収500万円以上に属している場合、世間一般的には勝ち組と言えるのかもしれません。

もちろん判断の基準は様々ですので、一概には言えないのですが。

逆に年収400万円以下に属している場合は、全体の約30%以下ということで注意が必要です。

自分の会社の経営状況、働き方以外を一度見直してみたり、副収入や節約、投資などで収入を補ったりする方法も考える必要があるかもしれません。

 

更に詳しい解説記事

40代年収事情について、さらに詳しいデータを提供している記事をご紹介します。

『転職鉄板ガイド』というサイトの記事です。

こちらの記事では職業別や地域別の年収事情などを提供している他、年収を上げるためのアドバイスなどを紹介しています。

特に転職エージェントを活用して、賢く年収を上げる方法について情報発信をしています。

有名転職エージェント各社の特徴やメリットなどを、詳しく解説していています。

詳しく情報収集したい場合は、是非こちらのページよりお読みください。

40代で年収500万は勝ち組?負け組?格差を止めるには
周りと格差が広がる40代。このままでいいのか、どうするべきなのか? 会社組織の中でも中堅からベテランに差し掛かり働き盛り

 



あなたの趣味や生活に役立つ情報も【スマートニュース】

年収を上げて格差を止める方法は

昇進・昇格をする

管理職に出世することはサラリーマンが収入を上げる一つの手です。

下記の表のように、役職によって給与の違いははっきりしています。

【管理職と一般社員の平均給与額】(賃金(千円)/年齢/勤続年数): <男性> 666.8	52.6歳	24.6年 |532.0	48.7歳	22.5年 |405.4	44.9歳	19.6年 |314.0	39.7歳	12.2年 <女性> 615.8	52.1歳	18.9年 |475.6	48.8歳	20.3年 |351.5	45.4歳	18.4年 |260.1	39.5歳	9.8年
(出展:転職Hacks)

 

資格を取得する

勤務している企業によって違いますが、資格を取得すると資格手当がつくことがあります。

例えばこんな資格です。

  • 簿記
  • 宅地建物取引士
  • 社会保険労務士
  • 中小企業診断士
  • 電気工事士

副業を開始する

本業に支障のない範囲であれば、副業解禁している企業が増えてきています。

ネットで個人が企業と直接仕事の受発注ができるクラウドワークスなど、個人が仕事しやすい環境も整ってきています。

定年後も続けられるメリットもあります。

転職をする

今の会社の給料が世間一般より低い場合は、転職するのも一つの手です。

終身雇用が無くなりつつ中で、転職してスキルアップしていくのも自分の価値を高めるのには有効です。

 



 

最後に

サラリーマンの年収について解説してきましたが、最後に今後サラリーマンの給料がどうなるかについて触れます。

こちらがサラリーマンの平均年収の推移のグラフです。

図表1-8-2 平均給与(実質)の推移(1年を通じて勤務した給与所得者)(図)

このように平均年収は過去20年で約30万円下がっています。

そして税金と社会保障は上がり続けている環境で、賢く豊かに生活するためには節約・副業・投資をお勧めします。

詳しくはこちらの記事で解説していますので、是非お読みください。

 

このブログでは節約・副業・投資に関する資産形成に役立つ情報を紹介しています。

一人でも多くの読者の方が、今日から豊かな人生設計を始めるきっかけになればと思っています。

良かったら気になる記事があれば、こちらから是非お読みください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

※関連記事です

←この記事がお役に立ちましたらクリックしていただけると励みになります
人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ←この記事がお役に立ちましたらクリックしていただけると励みになります
にほんブログ村


【レイコップ】安心の2年保障は公式ストアだけ!


コメント

タイトルとURLをコピーしました