株価暴落に備える。個人投資家が資産を守る投資方法や心構え 年収500万円家族が1年で150万円貯めるブログ

株価暴落に備える。個人投資家が資産を守る投資方法や心構え

投資

最近やたらと証券会社や投資信託の宣伝を目にする機会がありませんか?

株価が絶好調な時は、普段は投資に興味のない一般の会社員や主婦、自営業者、学生までもが投資で利益を得ようと考えるからです。

一般の人たちが買いだすと、もう新しい買い手がいなくなるため、株価はピークを迎えるといわれています。

果たしていつ今度の暴落が訪れるのでしょうか?

プロローグ 

アヤカ
アヤカ

昨晩の米国市場で史上最高値を連日更新だって。

うちの積立NISAもだいぶ利益が溜まって嬉しいね。

ユウタ
ユウタ

うーん。

たしかに下がるより嬉しいんだけど、いつかは暴落が起きるから今の利益はそこまで気にしない方がいいかな。

一喜一憂しないで長期的に考えたほうがいいよ。

この記事の内容を読むとこんなことが分かります。

  • 現在の株価は上がり過ぎで、暴落がいつおきてもおかしくありません
  • 暴落が起きても大ダメージを受けない投資方法・資産管理方法を説明します
  • 資産管理は「貯金」「節約」「副業」を普段から意識しましょう
  • 投資は株に集中投資せずに、債券などを考えましょう

著者について

  • 節約・副業・投資でコツコツ貯めた資産は4000万円をオーバーしました
  • 株式投資歴15年程度。リーマンショック、東日本大震災などの暴落を経験。
  • 米国株と債券ETFを組み合わせて、利回りと安定を追求したポートフォリオを提唱しています

・この記事を書いている私のプロフィールはこちらです。

著者うなぎのプロフィール
  • 節約と投資と副業が趣味の40代サラリーマン
  • 仕事は原価計算などお金に関する仕事一筋
  • 趣味が興じて簿記2級を独学で取得
  • 4人家族で生活費は月27万円。資産は4千万
  • 35歳でうつ病を経験し、会社に依存しない生き方に挑戦中



株価暴落に備える資産管理とは?節約、副業、投資、債券で考える

暴落が近い⁉現在の相場は高すぎる

今の株価は高すぎる

アメリカの代表的な株式指標S&P500の150年間の長期チャートを示します。

一目で分かるように、現在の株価は買われ過ぎといっていいでしょう。

2007年に起きたリーマンショック以降は、基本的に右肩上がりの相場になっていて、いかに順調で恵まれた投資環境だったのか分かります。

今後の投資環境は?

S&P500のPER(株価収益率)は過去にない水準まで高くなっています。

今後の投資環境は決して明るくないことを、別記事で紹介しています。

暴落は必ず訪れる

順調な時はみんなが忘れてしまいますが、いつか必ずやってくるのが暴落です。

さきほどのS&Pのチャートを拡大してみると、2000年と20007年に大きな暴落が起きています。

f:id:tapazou:20161220182933p:plain

ITバブル崩壊とリーマンショックが原因でした。

暴落が起きると、株価は半値程度に下がることがあるので、覚悟をしていても実際に起きると精神的に大きな負担になります。

特にこれまで大きな暴落を体験したことの無い人は、想像ができないと思います。

右肩上がりの相場で安心して、全資産を株式投資につぎ込んでいると仕事が手に付かない、夜眠れないようなショックを受けるかもしれません。

暴落に備える投資方法・資産管理とは

暴落は地震と同じなので、日ごろの備えをしておくことが重要です。

暴落に備える投資方法とは、例えば同じ銘柄に全資産を投入しない、同じ動きをする資産に資産を集中させない、ということです。

暴落に備える資産管理とは、現金資産を適切に用意しておく、節約で生活費を下げておく、副業で給与以外の収入源を作っておくということです。

次の章で詳しく説明します。



あなたの趣味や生活に役立つ情報も【スマートニュース】

暴落に備える投資方法・資産管理とは

貯金で暴落に備える

投資にすべての資産を集中していると、暴落が起きた時に大ダメージを受ける可能性があります。

生活が行き詰まらないように、生活費と投資に使うお金は分けるべきです。

生活費用の半年分くらいは貯金しておきましょう。

そのためにはまず自分の1ヵ月の最低生活費を把握することが必要で、それには家計簿を日ごろからつける習慣が大切です。

家計簿については別記事で詳しく説明しているので、是非読んでみてください。

節約で暴落に備える

普段から節約を心がけておくと、暴落が起きても生活への影響が少なくなります。

サラリーマンなら毎月の給料からキチンと貯金ができていれば、当面の生活で困ることはありません。

また株の暴落が起きて、不景気になると途端に残業代やボーナスが下がったりします。

お勧めの節約レベルは、残業とボーナスを除いた手取り収入から、10~20%貯金に回せるようにしておくことです。

黒字家計を達成するコツをこちらの記事で紹介しています。

副業で暴落に備える

収入の補填ができる

株の暴落で急に残業やボーナスが減っても、副業収入があると安心できます。

給与収入には及ばなくても、副業収入のおかげで貯金残高がマイナスにならなかったら助かります。

副業収入を持っていると、生活防衛にも役立てられるのです。

副業については別の記事で詳しく紹介しています。

残業がなくなったら副業時間を増やす

残業が無くなった分、副業する時間を増やして収入の落ち込みを軽減することができます。

そうすれば残業が無くなったことでの収入の落ち込みを、最小限に抑えることが出来ます。

投資で暴落に備える

レバレッジをかけない

信用取引やFX、仮想通貨のように実際の資金の何倍もレバレッジをかけられる投資方法は危険です。

例えば100万円の資金で最大のレバレッジで投資した場合を考えます。

もし暴落で投資対象が半値になった場合、資金は下記のようになります。

暴落前の評価額
100(万円) × 3.3 =330(万円)

暴落後の評価額
330(万円) × 0.5 =165(万円)

上記のように165万円の損失となるため、もともとの資金100万円をすべて失ったうえに、65万円の不足金が発生します。

逆張り投資をしない

逆張り投資とは値が下がっている株に、反発を期待してあえて投資をすることです。

安い株価で購入できるので、株価が上がれば大きな利益を得られるメリットがあります。

反面、暴落相場で逆張り投資をすると、株を買っても買っても下がり続けるので、損失がどんどん拡大してしまいます。

集中投資をしない

暴落が起きたときに株に集中投資せずに、債券や不動産、金などに資産を振り分けていれば、ダメージを下げることができます。

今のように株が絶好調のときだからこそ、意識して別の資産に投資することをお勧めします。

私が実際に投資をしていて、お勧めしたいのが債券ETFです。

債権は安全資産なので、暴落時に株と逆の動きをすることが知られています。

そして毎年分配金を受けられるので、現行預金するよりもお得です。

詳しくはこちらの記事で説明をしています。



 

最後に

私が始めて暴落を経験したのは、2007年のリーマンショックでした。

2005年から少しずつ投資で増やしたお金が、一気に激減してショックを受けたのを覚えています。

ですが今思えば、あのときまだ数十万の投資資金しかなかったことで、立ち直るのが早く自分がいかに幸運だったのだと思います。

株式市場では何年もかけて貯めた利益を、わずか1日、1週間でマイナスにしてしまう魔物が住んでいます。

常にそれを忘れずに、リスクを管理してより長く相場に留まることが、大きな成功に繋がる秘訣だと思います。

 

このブログでは節約・副業・投資に関する資産形成に役立つ情報を紹介しています。

一人でも多くの読者の方が、今日から豊かな人生設計を始めるきっかけになればと思っています。

良かったら気になる記事を読んでみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

※関連記事です

←この記事がお役に立ちましたらクリックしていただけると励みになります
人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ←この記事がお役に立ちましたらクリックしていただけると励みになります
にほんブログ村


【レイコップ】安心の2年保障は公式ストアだけ!


投資
スポンサーリンク
wunagiをフォローする
年収500万円家族が1年で150万円貯めるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました