サラリーマンが副業で失敗しないための仕事の選び方-5つのポイント 年収500万円家族が1年で150万円貯めるブログ

サラリーマンが副業で失敗しないための仕事の選び方-5つのポイント

副業

政府の副業解禁が示されてから、サラリーマンの副業が近年着実に増えてきています。

周囲で副業を始めた同僚などの話を聞いて、興味が湧いた経験はありませんか?

ですが、いきなり副業を始めると失敗する可能性が高いです。

本業と副業を両立させるためには、仕事の探し方が重要です。

プロローグ 

ユウタ
ユウタ

会社の後輩が、深夜のコンビニで副業してるんだってさ。

仕事中に大あくびしてて部長に叱られてたよ。

アヤカ
アヤカ

「副業は本業に影響がない範囲で」って会社の規則にあるもんね。

サラリーマンに向いている副業ってどういうの何だろう?

この記事の内容を読むとこんなことが分かります。

  • サラリーマンの副業の探し方のポイントが分かります
    ①隙間時間で出来る仕事
    ②生活リズムを崩さない仕事
    ③本業の知識を活かせる仕事
    ④スキルが身に付く仕事
    ⑤個人事業にできる仕事
  • おすすめの副業サイト、クラウドワークスを紹介します

著者について

  • クラウドワークスで1年間のWEBライターの実績があります
  • サラリーマンですが隙間時間だけで月3~5万円の副収入を実現しています

・この記事を書いている私のプロフィールはこちらです。

著者うなぎのプロフィール
  • 節約と投資と副業が趣味の40代サラリーマン
  • 仕事は原価計算などお金に関する仕事一筋
  • 趣味が興じて簿記2級を独学で取得
  • 4人家族で生活費は月27万円。資産は4千万
  • 35歳でうつ病を経験し、会社に依存しない生き方に挑戦中



サラリーマンが副業で失敗しないための仕事の探し方

ポイント①隙間時間で出来る仕事を副業を選ぶ

サラリーマンの仕事は、フレックス勤務であっても平日のコアタイムは拘束されます。

また業種や仕事内容によっては、突然トラブルで残業が発生する可能性があります。

そのためサラリーマンは、自由な時間でできる副業を選ぶ必要があります。

具体的な仕事を例に挙げて説明します。

  • 自由な時間でできる仕事
    ライター、動画編集、転売、データ入力、宅配(Uber Eats)など
  • 自由な時間で出来ない仕事
    コンビニ、居酒屋、警備員など

中には夜遅くに、コンビニや居酒屋でアルバイトをしているサラリーマンもいますが、体を酷使し続けるといずれは体調を崩してしまいます。

いくら本業以外にお金を稼ごうと思っても、それでは意味がありません。

長期的に続けられる副業を選びましょう。

 

ポイント②生活リズムを崩さない仕事を選ぶ

副業を続けていくには、生活パターンをある程度パターン化することが重要です。

なぜなら、パターン化されていない場合、副業をするのに意志力が必要になるからです。

「今日はなんかやる気が出ないな。でも副業の納期が近いんだよなー。どうしよう」なんて考えていると、脳のエネルギーを消費してしまいます。

そうしないためには、副業をする時間をあらかじめ決めて、習慣化することです。

例えばこんな感じです。

6時~7時 起床、身支度、朝食

7時~18時 会社

18時~21時 夕食、風呂、テレビ

21時~22時 副業

22時~23時 片付け、就寝

例えば平日は9時から10時の1時間、休日の午前中3時間は副業をするとルールにしてしまいます。

そうすると、いちいち悩まずにすっと副業に取り掛かれます。

 

ポイント③本業のノウハウを活かせる副業を選ぶ

副業で稼ぐためには、単価(時給)の高い仕事を見つける必要があります。

しかし、単価の高い仕事は人気が高く、なかなか自分に巡ってくることがありません。

ではどうすれば良いのでしょうか?

その答えは他の人と差別化できる仕事を選ぶことです。

副業で差別化した例

  • 本業が家電の営業  ⇒ 家電を紹介して売るブログを作る
  • 本業がプログラマー ⇒ クラウドワークスでプログラミングの仕事を探す
  • 本業がアパレル店員 ⇒ アパレル関連の転売をしてみる

自分が本業で培ったスキルを武器にして、高単価な仕事を見つけましょう。

 

ポイント④スキルが身に付く副業を選ぶ

経験を積むにつれて、単価が上がる副業がお勧めです。

せっかくプライベートの時間を削ってお金を稼ぐので、単純に時間を切り売りするのは避けたいからです。

例えば居酒屋の接客などは、新人でもベテランでもスキルの差がほとんどありません。

ベテラン店員だから高い料理を注文しようとはならないですよね。

次のような仕事だと、経験値で単価が上がります。

  • ライター:ライティングスキルを身につけると単価が上がります
  • 株式投資:銘柄選びが上手になると、稼ぎが増えます
  • プログラム:複雑なプログラムができると、単価の高い仕事ができます

 

ポイント⑤個人事業にできる仕事を副業に選ぶ

副業を個人事業にすると、節税が可能なのはご存じでしょうか?

青色申告を使って、確定申告をすると所得税や住民税が返ってきます。

簡単に言うと、個人事業登録すると年間で約15万円の税金が返ってきます。

個人事業登録ができる副業と、できない副業の例を示します。

個人事業登録できる仕事
ライター、WEBデザイナー、動画クリエイターなど

個人事業登録できない仕事(雇われている、安定収入がない仕事 )
店員、日雇いバイト、収入のないブロガー・アフィリエイトなど

  

個人事業登録の方法はこちらで詳しく解説しています。

  

次の章では、実際に私が利用している副業サイトについて説明します。

これまでに説明してきたような副業を多数探すことができます。



あなたの趣味や生活に役立つ情報も【スマートニュース】

サラリーマンの副業探しで失敗しないお勧めのサービス

企業が発注者(クライアント)として会員登録から仕事依頼までを行う流れ | クラウドソーシングTimes[タイムズ] |

これまで説明した副業の探し方でお勧めを紹介します。

クラウドワークスを利用した方法です。

 

クラウドワークスとは

企業と個人がオンラインで直接やり取りをして、仕事を受発注できるサイトです。

72万社の企業が利用していて、会員数は300万人以上います。

他サイトより案件が多くて、オンラインで仕事を探すならまずはクラウドワークスがお勧めです

なぜなら案件数が多いと、自分のスキルと一致した仕事を探しやすく、仕事の単価を上げることができるからです。

 

クラウドワークスを利用するメリット

業界最大の規模で、多くのクライアントから幅広い仕事の募集があります。

(出展:クラウドワークス)

上記の他にも、デザイン関係、システム開発、ホームページ作成、翻訳など多種多様です。

 

クラウドワークスの利用方法

登録方法から実際に仕事を探す方法を、別記事で紹介しています。

興味があれば是非お読みください。

 



CrowdWorks
 

最後に

最後にこの記事をまとめます。

①サラリーマンが失敗しない副業の探し方は以下の通りです。 

  • 隙間時間で出来る仕事
  • 生活リズムを崩さない仕事
  • 本業の知識を活かせる仕事
  • スキルが身に付く仕事
  • 個人事業にできる仕事

②クラウドワークスを利用して副業を探すのがお勧めです。

 

私が副業を始めたきっかけは、病気で残業が出来なくなったことです。

残業代が無くなって、収入が急に減ってしまいどうしようか悩みました。

ですが、考える時間を与えられたことで、クラウドワークスと出会いWEBライターの仕事を始めることができました。

1年以上の間、本業に影響なく無理なく楽しく続けられています。

他にも良い副業は沢山あると思いますが、ライティングが好きな方には特におすすめします。

こちらの記事で詳しく説明しているので、良かったら読んでください。

 

このブログでは節約・副業・投資に関する資産形成に役立つ情報を紹介しています。

一人でも多くの読者の方が、今日から豊かな人生設計を始めるきっかけになればと思っています。

良かったら気になる記事を読んでみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

※関連記事です

←この記事がお役に立ちましたらクリックしていただけると励みになります
人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ←この記事がお役に立ちましたらクリックしていただけると励みになります
にほんブログ村


【レイコップ】安心の2年保障は公式ストアだけ!


副業
スポンサーリンク
wunagiをフォローする
年収500万円家族が1年で150万円貯めるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました