【検証】節約・副業・投資で資産1000万を作るのに必要な期間は? 年収500万円家族が1年で150万円貯めるブログ

【検証】節約・副業・投資で資産1000万を作るのに必要な期間は?

副業

平均的な収入のサラリーマンにとって資産1000万円とはどんなイメージなのでしょうか。

「給料が上がらないのに、税金・社会保険は上がり続けていて、とても1000万円なんて貯まらないよ」って感じてしまいますよね。

しかし、老後に必要な資金は最低2000万円と政府は算出しています。

「そんなの無理無理、どうせ何とかなるよ!」で済ませておくと、自己責任で切り捨てられてしまいますよ。

プロローグ 

アヤカ
アヤカ

日本人の金融資産の平均値は40代で約1000万円だって。

みんなすごいね、どうやってそんなに貯めているんだろう。

ユウタ
ユウタ

どれどれ、その記事ちょっと見せて。

あー、なるほどね。

良く見て平均値は1000万円だけど、中央値は500万円てなっているよね。

アヤカ
アヤカ

え?中央値と平均値って何が違うの?

ユウタ
ユウタ

簡単に言うと平均値は全員の資産をすべて足して、人数で割った数字だよ。

中央値は一番人数が多いところの数字だよ。

平均値が中央値よりかなり高い理由は、格差が大きいってことなんだ。

つまり資産形成をしている、していない人で差が拡大しているんだよ。

この記事の内容と読むメリットはこんなことです。

  • 資産1000万円を8年で作るモデルを説明します
  • 資産1000万年までは節約と副業の効果が大きいです
  • 資産1000万円をつくる障害と対策を解説します

著者について

  • 節約・副業・投資を駆使して30代で資産4000万円に到達しました
  • 共稼ぎせずに収入の約25%を投資に回す生活を続けています

・この記事を書いている私のプロフィールはこちらです。

著者うなぎのプロフィール
  • 節約と投資と副業が趣味の40代サラリーマン
  • 仕事は原価計算などお金に関する仕事一筋
  • 趣味が興じて簿記2級を独学で取得
  • 4人家族で生活費は月27万円。資産は4千万越え
  • 35歳でうつ病を経験し、会社に依存しない生き方に挑戦中

節約・副業・投資で資産1000万を作るのに必要な期間は?

1000万円の資産を持つ意味

こちらが日本人の一般世帯の金融資産額の表です。

表1 金融資産はいくらある?(単位:万円)

日本人の金融資産の中央値を見ると、60歳代が最も多くても600万円~650万円です。

もし1000万円の資産をできる限り早く作ることができれば、貧しい生活を送らなくて良いといえるかもしれません。

1000万円の資産を作る難しさ

とはいえ、そんな簡単に作れるのならば多くの世帯で達成しています。

言葉で言うのは簡単ですが、なぜ1000万円を作るのが難しいのか説明をします。

日本人のサラリーマン平均給与が440万円に対して、平均支出は390万円です。

毎年60万円を貯金した場合、1000万円貯まるのに必要な期間は20年です。

コツコツと貯蓄していけば、40代で達成することができます。

ですが投資や副業を上手に駆使すれば、もっと早いタイミングで1000万円の資産を作ることが出来ます。

次から、その内容について解説していきます。

資産1000万円を作るモデルとは

まず最初に資産1000万円を作るまでのモデルをお見せします。

以下の条件でモデルは計算しています。

  • 毎年給与と副業収入でそれぞれ60万円を貯めて、それをすべて運用に回します
  • 2年目以降の運用益もすべて再投資していきます
  • あとはひたすら1000万円になるまで、同じことを繰り返します

 

この表で分かるように、1000万円に到達するまでわずか8年です。

さらに資産が2000万円を超えるのは13年後です。

 

もし老後に突入するまでにまだ13年はあるなら、少し安心できますよね。

しかし、その余裕が無いのならば毎年の貯蓄額を増やさないと間に合いません。

 

1000万円を作るためには労働と節約

モデルケースの資産が1000万円を超えた時の内訳は下記の通りです。

  • 給与収入:480万円
  • 副業収入:480万円
  • 運用益:186万円

いかに労働による収入が大きいか分かりますよね。

ということは資産が少ないうちはとにかく「節約」「副業」が大事です!

 

投資で一気に1000万円作る方が早い?

そんなことはない!投資で勉強をすれば資金を何倍にもできるかもしれないと思うかもしれません。

たしかに仮想通貨のように短期間で数倍になる投資方法が当たれば、その可能性もあります。

 

ただし、仮想通貨のように短期間で値上がりする資産は、暴落が起きる可能性が高いです。

もし5年間ためて作った500万円が、一週間で半額になったら後悔しませんか?

 

1000万円を貯める計画が数年間分やりなおしになってしまいます。

十分に若く失敗が取り戻せればいいですが、40代、50代になってからの失敗は取り戻せません

それよりはゆっくりとでも確実な方法で増やす方が良くないですか

節約・副業で1000万円作ると得られるもの

宝くじや仮想通貨のような投資でつくった1000万円と、節約・副業でつくった1000万円は意味がまったく違います。

 

ダイエットに例えてみましょう。

脂肪吸引して減らした10Kgと、食事や運動で減らした10Kgは同じでしょうか?

どちらがリバウンドしやすいと思いますか?

 

食事や運動で体重を減らせた人は、その体重を維持する方法を知っていますし、すでに体が習慣化されています

反対に脂肪吸引で体重を減らした人は、その体重を維持するための生活習慣に慣れていないので、苦痛でしかたないですよね。

 

節約・副業で1000万円を作った人も同じです。

体や脳に貯蓄型の生活スタイルが刻み込まれているので、浪費体質に戻ることがありません。

  

資産1000万円を作る障害とは

前章のモデルでなんとなく1000万円つくるのが可能だと感じてもらえたでしょうか。

あるいは「計算上はそうかもしれないけど、そんなに上手くいかないよ。」と感じるかもしれません。

この章では実際に資産1000万円つくろうとしたときの障害を考えていきます。

 

節約が続かない

節約が続かない理由はこういう感じではないでしょうか?

  • つい衝動買いをしてしまう
  • お金があるとなんとなく使ってしまう
  • 節約疲れで反動買いしてしまう
  • 小遣い(家計)を管理していない

 

私がお勧めする方法は家計簿をつけることです。

ダイエットで体重を定期的に測るのと同じで、家計簿をつけて節約の意識を高めるのが良いです。

こちらの記事で詳細を解説しています。

 

家計簿をつけていても、上手に節約に活用できていない可能性があります。

家計簿は記録することと、予算を管理することの2つの大切な役割があります。

山登りで例えると、記録は今いる場所を理解すること、予算管理が山頂まで登る計画を立てることです。

こちらの記事で詳しく解説しています。

副業で稼ぐのが大変

副業が資産1000万円の近道なのは分かると思いますが、やはりハードルがありますよね。

「本業が忙しくて副業なんてとても・・」

「副業って言っても何をすればいいか分からないし・・」

 

その通りだと思います

私自身も副業を始められたのは、会社で残業が無くなったタイミングでした。

しかし残業が戻ってからも副業は続けられています。

残業があるのに、さらに副業するのが辛いかというとそうではありません。

 

副業は自分の好きな仕事を選べて、好きなことを隙間時間でお金をもらってやっているのでありがたいと思いますね。

始めるまでのハードルさえ乗り越えてしまえばよいのです。

こちらの記事が参考になるので、是非読んでみてください。

 

運用で失敗する

1000万円までの資金作りは節約と副業が大きな役割なので、運用の失敗はそこまで大きな影響はありません。

とはいっても運用を失敗するリスクはあらかじめ考えておくと良いです。

 

投資に慣れていないサラリーマンの場合、1日で数万円の損失がでるとショックが大きいと思います。

何日も働かなければ取り戻せない額が、1日で消えていくことは珍しくありません。

ショックで仕事が手につかなかったり、株価の底値で狼狽売りしてしまったりします。

 

なので初めは小額から投資を始めて、コツコツと額を増やすことをお勧めします。 

給与とは違う感覚を持つことに慣れるためと、もう一つはドル・コスト平均法の恩恵を受けるためです。

 

ドル・コスト平均法とは毎月一定額を積み立てていく方法です。

つまり株価が高い時は購入する株数は少なく、株価が低い時は多くなります。

こちらが具体的なイメージ図です。

基準価額と購入口数を表した折れ線グラフ
(出展:みずほ銀行ホームページ

 

この方法のメリットは安い時ほど株をたくさん買うので、平均購入額が低くなることです。

つまり株価が上がったときに利益が大きくなります。

ひたすら毎月一定額を『S&P500』のように成長を続ける銘柄に投資し続けることです。

(『S&P500』:米国の主要500銘柄で構成される株価指数。下記が長期チャートです)

(出展:かぶれん S&P500の推移

  

最後に

最後にこの記事をまとめます。

  • 資産1000万円を作るには節約と副業が重要です
  • 投資で1000万円をいきなり狙うのはリスクが大きいです
  • 節約と副業で1000万円を作れると、貯蓄体質になっています
  • 資産1000万円の障害と対策は以下の通りです

 

  • 節約が続かない:家計簿をつけて節約意識を高める
  • 副業はハードルがある:好きな仕事で始めるとストレスなく続けられる
  • 投資で失敗する:小額からコツコツやってみる

 

私自身サラリーマンを15年以上つづけてきたから分かることがあります。

これからのサラリーマンの未来は決して明るくはないということです。

その理由はこんなことです。

  • 年功序列・終身雇用をやめる企業が増えてきました
  • 国も年金だけでは老後の生活が成り立たないから、運用や副業を勧めています
  • 個人で能力のある人間に富が集まるようになりました

そんな中でも余裕のある豊かな生活を送るためには、少しでも早く資産形成を始めるべきではないでしょうか

 

このブログでは他にも生活に役立つ節約アイテムを紹介しています。

節約を始めるための手順をはじめ、資産形成に役立つ考え方を紹介しています。

一人でも多くの読者が、今日から豊かな人生設計を始めるきっかけになればと思っています。

良かったら気になる記事を読んでみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

※関連記事です

←この記事がお役に立ちましたらクリックしていただけると励みになります
人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ←この記事がお役に立ちましたらクリックしていただけると励みになります
にほんブログ村



喜ばれる出産祝いに、ふとんクリーナーレイコップ


コメント

タイトルとURLをコピーしました